帝国データバンク調査から、防犯カメラ・監視カメラに従事する会社158社を選択しその経営状態を調べたらしいです。その情報によれば監視カメラ・防犯カメラの市場が日進月歩に展開していることが明白になったといいます。
その理由としては、世界中を動揺におとしいれるテロ行為であったり、どこでも発生する多様な犯罪に、国民ぐるみでセキュリティに対する意識の高まりが在る様です。
セキュリティーの手法の中でも犯罪の証拠を収める目としてあっという間に、カメラの設置に視線が向けられるようになってきました。2020年に開催される東京オリンピックに関しては、セキュリティ対策強化の一つとして、監視カメラ取り付けの拡充が見込まれています。
防犯カメラ設置の無料見積もりなら信頼のココ

そんな状況の中、防犯カメラ・監視カメラのマーケット拡大を狙う国内メーカーには、どのような目にとまる動きが垣間見られるのでしょうか?キャノンが、防犯カメラ業界世界最大手のアクシスコミュニケーションズ(スウェーデン)の買収を宣言しました。国内家電メーカー首位のソニーやパナソニックにおいては、高詳細の防犯カメラの開発を発表しています。
一方、業種別の動向はというと、関連のメーカーや卸をする業者は当然のことながら業績が拡大しています。が、それ以外にも「建設業」・「サービス業」でも業績が伸びているんです。
さらに、建設業では、監視・防犯カメラの設置工事を手掛ける電気通信・配線工事業者が恩恵を受けているらしいのです。そして、「サービス業」での業績が伸びている作業内容としては、防犯・監視カメラネットワークシステムの開発業、システム+ソフトウェアのデベロップメント、監視・防犯カメラのレンタル業やリース業などの職種が業績を随分伸ばしています。
ここで、防犯・監視カメラ関連業者の分布を割合で見た場合に、「中部」に14%、「近畿」に16%、「関東」に48%という分布だったといいます。人口が多い3大都市圏に全体の80%ほどが集中していることが明らかになりました。さらに、次に関連企業が多いのは九州エリアでその割合は11%でした。