甲子園で活躍したからと、プロで通用するとは限らない。単身アメリカに渡り、不慣れなことが多い環境で、メジャー球団がどれだけサポートするか、本人も不安なところは少なくなかったろう。球団関係者が足繁く通い、栗山監督が誠実に説明したことで、本人の意志も揺らいだような気がする。なんせ高校生だもんね。

日ハムは一人前に育てるために全力を尽くすだろうし、本人も活躍するために一所懸命に踏ん張るだろうが、それでもプロで成功できなかった甲子園球児は多い。ドラフト会議での下位指名やドラフト外からの入団で、一流選手としての評価を得ている選手も多い。予期しなかった怪我や故障に泣くことだってあるし。

どれほど契約金を積まれても、未来が保証されるわけじゃない。決断を促すのは目の前の人の言葉の力、目の光。就任一年目で日ハムをパリーグ制覇に導いた栗山監督の姿勢が、若者の心に染み渡ったんだろうね。オフシーズンになってわかったけど、スタッフとの折り合いも良くなかったみたいで、優勝したのに対談者続出。

現役時代も一軍だけどレギュラーを維持したとは言えず、評論家として過ごした期間のほうが長かったのに、監督として白羽の矢を立てた球団も凄いけど、応えた栗山監督も立派だよね。日ハムだからこそ大谷投手も翻意した。それが間違いでなかったと、皆が納得できるための闘いは、今日から既に始まってるんだよね。