日本人は、大半が仏教徒ということになっていて、最近は崩れつつあるが
仏教の宗派の檀家制度が、いまでも残っていて、お葬式などは、仏教式で
行われることが多い。

歴史の教科書を読んでも、聖徳太子が仏教に帰依し、平安時代は末法思想
が流行したとか、鎌倉時代に入り、新しい仏教が興ったとかあって、仏教に
馴染んでいるつもりになっているが、本当に仏教がわかっているのだろうか。

本書は、帯が過激だし、どれどれと思って読んでみたら、これが面白いの
なんのって、思っちゃったのです。

惹句を紹介しますね。

“仏教は、こんなにヤバくて面白い!”

“仏教の核心とは何か? ゴータマ・ブッダという人は、何を考え、どう語ったのか?
そして、仏教を「実践する」とはどんなことで、その結果いったい何が起こるのか?
「悟り」は実現できるのか? ”

“――素朴な疑問に答え、仏教のいちばん大切な核心に、やさしく誘う対話篇。
『仏教思想のゼロポイント』で華々しくデビューし、かねてよりネットでは「ニー仏」
として注目を集めてきた著者による、誰でもスルスルわかる基本講座へようこそ!”