真央ちゃん、真央ちゃんと呼び続けてきて、彼女ももう26歳、立派な大人の女性になりました。
彼女が登場してきたのは確か、2005年ごろ。
もう10年以上も、日本のファンは彼女の成長と競技を見守ってきました。

彼女と国民の10年。
山あり谷ありだった。

年齢の関係で出場できなかったトリノ。
不利な採点方式とも戦ったバンクーバー。
個人的には一番印象深かったソチ。

  • 下妻市 名刺印刷
  • 笠間市 名刺印刷
  • 久慈郡 名刺印刷
  • 牛久市 名刺印刷
  • 結城郡 名刺印刷
  • 3度の五輪。
    栄光と挫折の交じり合った、幸せな期間だったと思う。

    素晴らしい実績やスケートの技術もさることながら、彼女が最も素晴らしいと思うのは『スケート選手としての姿勢』だと個人的に思っている。
    『生き様』と言ってもいい。

    どんな逆境にあっても自らのスケートを貫いた姿が日本国民はもちろん、広く世界中のファンや選手から尊敬を集めるのだと俺は思う。

    五輪でのメダルや、輝かしいトロフィーの数々を持つ彼女ですが・・・
    それでもなお、彼女の事を『記録より記憶に残る選手』だと俺は思う。
    銀盤の上で描き続けた彼女の気高い生き様をずっと忘れない。