インスタントラーメンは昨年までは年間消費1000億食を維持していたらしい。
1000億食とは・・・凄い量だ(笑)

そのうちの4割が中国での消費だったんだけど、この3年で約2割、中国の消費量が減っているんだって。
中国でも健康志向が高まっていて、インスタントラーメン=健康に良くないもの・・・ってイメージが定着しつつあり都市部での消費が減っていることと、インスタント麺をよく食べていた出稼ぎ層が減っているのが原因になっているらしい。
今度遊びに行く香港もインスタントラーメンが人気で、中でも出前一丁のシリーズが大人気らしい。
香港にしかないフレーバーも数多くあるらしくて、日本人観光客の定番のお土産になっている。(俺もお土産に買う予定)

ちなみに・・・
1人当たりの消費量が多い国は・・・

  • 恵庭市 名刺印刷
  • 広尾郡 名刺印刷
  • 江別市 名刺印刷
  • 根室市 名刺印刷
  • 沙流郡 名刺印刷
  • 実は中国ではなく、韓国。
    韓国は食事に汁物が必須!って文化背景もあってお手軽なインスタント麺が大人気らしい。
    確かに、韓国の辛ラーメンっての日本でも売ってるし、昔新大久保で同僚と食べたプデチゲってなべ料理も〆はカップ麺だったっけ。

    ちなみに、日本は7位。
    一人当たりの消費量だと1位~10位をアジアが独占。
    まあ、中国発祥のラーメンを日本でローカライズして商品化したものだからな・・・
    やはり、アジアの方の舌に合うのかもしれん。