ナースと言う言葉を耳にして真っ先に想像できるイメージとしては人の数だけあるでしょう。一般的なものをあげると「大切な職を手にした」「プロフェッショナルな仕事」「かわいい女性」等のイメージがかなり多いのだと連想されます。
ここではまずはナースの賃金の金額はいくら位になるのでしょうか?夜勤あり、夜勤なしの条件でももちろん変わってきますが平均の看護師の年間収入は「430万円~480万円」くらいなのだと聞いています。毎月の給料となる約27万円~30万円の12か月分にさらにプラスして6月と12月に支給される年2回のボーナスの合算金額になります。
介護看護師求人情報はここ

看護師とひとからげで言っても労働条件、資格、経験などにより様々ですが、必要な資格、スキルと言えば正看護師と准看護師といった国家資格のほか看護師として就労した実務経験や対患者さん、対病院内スタッフのコミュニケーション能力の持っているいないでかわります。
そして実際に身につくこと・ステップアップの方向としては、実際に勤務しながら経験を積み、それと一緒に自身がやりたい看護の専門分野が見えてきます。
自身がなりたいと思うその分野の道筋に乗ることによりさらに先の専門的なキャリアアップをすることも出来ます。同じ看護分野でも自分のやりたい専門分野を極めることで、更なる収入増額に繋がるはずです。
そして看護師における男女比率はだいたい9対1とほぼ女性であると言えます。過去13年間における平均年収の変化を見てみると平成13年(2001年)では約480万円であった年収が平成25年(2013年)で約472万円であることから過去と比べ年収はほぼ変わっていないという理解です。
平均時給では1966円の約2000円近い時給をもらって実務を遂行していることから、それだけ看護師という仕事は安定しており、加えて人命にかかわるという欠くことができない仕事と貴重なのです。
結局、自分のやりたい専門分野やキャリアアップを目指してかしこい職場選びをすることを推奨します。そのためには看護師求人サイトなどを活用しないことは得策ではありません。非公開の求人情報を無料で閲覧でき、どんな些細な心配事も相談できます。