看護師と聞いて必ずと言って考え付くイメージはたくさんあるでしょう。普通にはおそらく「憧れの職業に就いた」「息つく暇も無いような仕事」「頼りになる天使」などのイメージが多数派かと容易に連想できます。
今回は実際にナースの手当額とういのはおおよそどれだけなのでしょうか?夜勤有り無しで多少の差がありますが平均的な看護師収入は年間で「430万円~480万円」くらいだという調査結果です。月給となる約27万円~30万円と年に2回もらえるボーナスとこのような内訳になります。
ひとことで看護師と言っても労働条件、資格、経験などがいろいろですが、活かせる資格とスキルと言えばまず正看護師・准看護師などの国家資格のほか看護師として就職した実務経験とか病院内におけるコミュニケーション能力の持っているいないでかわります。
そして実際に身につくこととその後のステップアップとしては、実際に勤務しながら経験を積み上げ、それと同時に自分のやりたいと言う看護という仕事の分野が決まってきます。
自分のなりたいその分野の道筋に乗ることによりもっと上の専門的なキャリアアップを叶えることも可能となります。同じ看護分野でも自分が進みたい専門分野を極めることが、更なる年収のレベルアップにほぼ繋がります。
さて、看護師の男女比率はほぼ9:1とほとんど女性が締めています。過去13年間の平均年収の変化を見てみると平成13年(2001年)では約480万円であったのが平成25年(2013年)で約472万円ということから過去から年収はほとんど変わっていないという解釈です。
平均時給では1966円の約2000円近い時給において業務を遂行していることから、それだけ看護師という仕事は安定しており、さらに追記すると、人の命を預かるというなくてはならない仕事と貴重なのです。
結局、自分のマスターしたい専門分野やレベルアップを目指してかしこい職場選びをおすすめします。そのためには看護師求人サポートエージェントなどを必ず活用してください。たくさんの求人情報を無料で閲覧でき、親身なってサポートしてもらえます。
総合病院看護師求人情報はここ