夫婦での中で、どちらとなく相手の振舞いが何か気になりだすときがありますよね。折に触れて外出してみたり、何かと理由を付けて車を使ってみたり、スマートフォンを片時も離すことなく持っていたりと、いろいろ気になってしょうがないです。
一回気になってしまうと、ともすれば浮気かもしれないと、何一つ証拠もないにもかかわらず気持ちが乱れてしまって、平穏無事な日々を過ごすことが不可能になります。このような状態は精神的に疲れますので、興信所または探偵社に素行調査をお願いするのがいいです。

だけれども、ここのところ、テレビの報道番組の影響のせいなのか、興信所や探偵社が乱立する傾向にあるのです。それで何が起きるのかというと、、依頼者であるあなたに、不測の金銭トラブルが降りかかることになるのです。その傾向は、地域の個人の探偵社もしくは興信所に目立つようです。全国ネットで対応をする興信所または探偵社では、目下そういうトラブルを聞くことはありません。
夫の浮気の証拠を掴みたい浮気離婚 白河市

よく聞くトラブル内容は、『成功報酬』を掲げている場合の報酬の定義が歪んでいることです。
本来、『成功報酬』というのは以下の定義です。
1.費用は初回に取り決め、その後増減はしない
2.証拠が取れなければ報酬も経費も発生しない
3.証拠の品質が「裁判で勝利できる」レベルである時だけ報酬が発生

それなのに、最近になって問題となっている探偵社や興信所の独自理論は次のとおりです。
1.尾行だけ達成ならば、証拠が取れなくても成功として料金を取る
2.調査の結果浮気が無いと判断したが、報告としては成立するので成功として料金を取る
3.費用が日々の積算になっており、どんどん加算されてゆく。

完全成功報酬という広告文で、あたかも証拠が取れなければ料金がかからないと勘違いをさせて、実を言えばなんだかんだと料金を積み上げる事がトラブルのキッカケになっているのです。