確かにここ数年、仕事や結婚に対する現実的不安感や嘆きなど、
これまでの長い付き合いの中では最も“大人びた”彼女を感じる期間ではあったのだが・・。

それでもボクの中では、例え大人の女性の域に来ても尚、
19歳の時からずっと観ている彼女の変わらぬ“健気さ”と、
時折見え隠れする“か弱さ”を含んだ、あの時からの『少女的』幻影というのが
ずっと離れずにいたために、そんな現実的報せは
何となくもう少し先のような気が勝手にしてたからか、
その報せを聞いた瞬間、どうリアクションをしてよいのか戸惑ってしまった。

いや・・一応は祝福の言葉を掛けたつもりでいる。多分・・。
けども、何だか落ち着かないのだ。

これ、まさに親族同然の感覚かもしれない。
娘を嫁にやる父親の心境、はたまた兄貴の心境・・・。

実質的には後者に近いのだろうけども、かといってそうだとも断言しきれない歯切れの悪さ・・。

なんでも、正確な時期は未定も、年内にはフィアンセの住む
少し遠くの町に行ってしまうとのこと。

  • 霊能者 新潟市
  • 霊能者 柏崎市
  • 霊能者 呉市
  • それもあるからなのか、どうにもこうにも・・・

    田舎暮らしの経験が全くない彼女ということもあり、
    余計にちょっと心配になったりして・・。