革長財布の人気要因はデザインのみならず、使用する革素材の丈夫さも影響します。長財布に合う代表的な革素材は●コードバンレザー●マットーネレザー●ブライドルレザーになります。全部の革素材の特徴などを対比してみましょう。
最初はブライドルレザーです。本来はブライドルレザーは馬具に使うためにイギリスで生み出された革です。牛革を原材料として、植物エキスのタンニンでなめした後、蜜蝋を幾度も塗り込んで繊維質を固めることで十分な耐久性を出しているのです。
このとおり製造工程が複雑なため、革の仕上げまでに5か月ほどかかるのです。そうして出来上がった革はその丈夫さゆえにとても固く、縫い合わせることが難しく、職人だけが持つ熟練した技術が何をおいても不可欠となっています。
ブライドルレザーが素材の財布は、初めは革表面に少しだけ白い粉が現れますが、これは革に染み込んだ蜜蝋のもので気にすることは全くありません。使ってゆくほど革の表面に高級感のある光沢がでて、味わいのある革長財布に変化するのが特徴です。
次に登場はコードバンレザーです。コードバンはスペインが発祥で、毎年極微量だけ生産される農作業に使った馬のおしりの革です。馬の臀部と言えば鞭で打たれる部分なだけに、その強度にはビックリします。合わせて、数が少ないことが希少価値を生み、「革のダイヤモンド」と呼ばれ重宝がられます。
牛革のざっと3倍の強度を持つらしいのですが、その革質は牛革に比べて柔らかく弾力がありとても縫製しやすいらしいです。
コードバンレザーが素材の革長財布は、手に取った感触も軟らかで手になじみますが、その耐久性には満足します。革には蜜蝋を何度も吹き付けるという表面加工が施されていますので、使って年月が経つほど光沢感が出て個性的な逸品に変わってゆくのが特徴です。
最後はマットーネレザーになります。マットーネはイタリア生まれで、生まれてから6か月以内の仔牛の皮を原材料に加工をした、とても軟らかい質感の革です。その製造過程は昔ながらの伝統的で、植物由来のタンニンを利用してなめしたあと、手間と時間をかけて天然オイルを染み込ませています。そして、卵白が原料のカゼインで加工することで、革表面に特有の光沢とつやを出します。
ここで途中までの同様の革の加工で、仕上げに革にさらに柔らかさを持たせるためにほぐし工程を追加して、表面にできた大量のシボが特徴の革はミネルバボックスと呼ばれます。
マットーネレザーが素材の革長財布は、柔らかくて弾力のある肌触りと革表面の適度なシワが持つ手にぴったりきます。使いこんで行くほど革の繊維がやわらかくなりそれがシワとなって、本来持ち合わせる光沢に加えて、特有の光沢を放つ醍醐味ある逸品に変貌してゆくのが特徴です。
機能的スタイリッシュで喜ばれる革長財布のバレンタインプレゼントならココ